FC2ブログ
結果は4位に終わった。

CIMG2145.jpg


こんなに悔しい思いをした大会は初めてだった。

今でも中国戦を思い出すとイラダチが止まらない



予選リーグは日本、中国、アメリカだった

開幕戦のアメリカ対中国をみんなで観察

正直、ISFの時より中国はうまくなってると思った

アメリカは・・・国内最強でAVA内に敵がいない状況とのこと
まぁ強い敵がいない分ISFの時から成長は見られなかった

アメリカはPMを出してきたときにラッシュという読み読みなパターンなので
分かりやすかった。

けれど日本対アメリカがはじまったあたりからPCの回線異常が出始める

しかし動きが単調なアメリカには勝利



ここからが中国四千年の歴史を分からされることになる

中国対日本の試合が始まり

開始早々ステータスが200を超えるPCが多々出現!

すると中国はこちらの作戦を無視したラグのラッキーキルを量産

一番ひどかったのが

DSで日本が攻めで1ラッシュを仕掛けたときだ

3人戦車裏通過し

シェリルがテロ上からカバー

そして事件は起こる

1中から敵が飛び出てきて

戦車を通過した俺とフィッシュを喰ってきた

普通ならそのとき後方のカバーが押さえているので出てきたところで

鴨です

けれどステータスが高く、玉を大量に受けているのにほぼノーダメで

ラッシュの先頭を二人倒し1中に何事もなかったかのようにかえっていく・・・・・。

その後もこのようなAVA的常識を覆すラグプレーに心を折りに来る

俺たちは持ち前の粘りで5:5まで持っていったが無理だった・・・・。

敵は常に音が遅れてくる上に無双転生状態(ずっとWP)

世界大会優勝を目標に色々練習してきたことがすべて通用しない

というよりこんなのAVAじゃない

アメリカ代表ベンジャミン「狂ってる・・・」

韓国代表DK「決勝は日本が来ると思っていたのに・・・・」

さらに追い討ちをかけるが如く、中国の実況解説が日本の動きをばらしてイク!!!

テクニカルタイムアウト繰り返し気がつけば

2試合で2時間という死闘が終わる

精神も肉体もぼろぼろ・・・

俺はあまりの悔しさに泣き崩れた

このときすでに深夜0時を超えている

そしてこの試合後にプロバイダーを変えるなどいろいろな試行錯誤があり

ラグが多少改善



本気でAVAをやめようかと思った

世界大会中国主催・・・超アウェイだった。

オフの環境とかそういう時限じゃなく

もはやAVAではなかった

けれど中国のあのドヤ顔を思い出すと俺は俺は・・・・

あいつらに日本の強さを分からせるまでやめられねぇ
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://ken6en.blog134.fc2.com/tb.php/154-9c64bedf